招き猫のミリオネアへの道のり

iDeCo、FX、積立NISAで資産運用中

ゆとりある老後生活を送るために準備をしよう

 

今回はゆとりある老後生活を送るために準備しておいた方が良いことを紹介していきます。

 

1.厚生年金の加入期間が長い

厚生年金は加入期間が長ければ長いほど、収入が多ければ多いほど支給額が多くなります。

 

2.個人年金保険や個人型確定拠出年金(iDeCo)を活用している

年金は3階建の構造になっており、1階は国民年金、2階は厚生年金、3階は個人で準備できる年金です。

個人で準備できる年金には、個人年金保険や個人型確定拠出年金(iDeCo)があり、これらを活用することで老後に受け取れる年金を増やすことができます。

 

3.退職しても働けるスキルを身につけている

退職しても働けるスキルを身につけていれば、そのスキルを生かして収入を得ることができ生活を楽にすることができます。

 

4.健康的な生活をしている

歳をとっていくと病気や怪我をしやすくなってします。しかし、老後の収入は減っていきますので医療費の占める割合が大きくなってしまいます。日頃から運動を行い、健康的に生活できれば無駄な医療費を削減でき、その分老後資金に当てることができます。せっかく自由な時間ができても健康な身体がなければ楽しい老後生活を送れません。

 

5.収入に見合った生活をしている

ほとんどの人が老後は現役時代に比べて収入が低くなってしまいます。現役時代の生活水準のまま生活していると破産してしまうかもしれませんので、収入に見合った生活をするようにしていきましょう。

 

6.早い段階から資産運用を行なっている

最近はどんどんと寿命も伸びてきていて年金だけでは生活が苦しくなってきているのが現状です。不足分は貯蓄を切り崩して生活している人が多いですが、貯蓄にも限度があります。

資産運用をしていくことで資産にも長生きしてもらいましょう。

 

 

ゆとりある老後生活を送りたいと考えている人は今からでも少しずつ準備していきましょう。